2017年4月24日月曜日

人間将棋

週末に、天童で恒例の人間将棋が

行なわれました。

3月のライオンとのコラボ効果で

史上最高の来場者ではないか?

ということで、良かったと思います。

今回は三浦さんがゲストというのも

天童支部の方々の配慮というか

残念ですが、連盟だけでは出来ないこと

だったと思います。

対戦相手だった阿部七段は

春から地元山形県に帰り

地方棋士になるそうです。

最近、多少の縁が出来て

面白い子だなと思うので

普及面でも頑張ってもらいたいと

思います。


新たな価値観

炎の7番勝負は藤井四段の勝ち。

6ー1を予想した方は少ないでしょうし

最終局も、終始リードしていた印象

ここまで来ると、1年目での

タイトルに期待でしょうか。

将棋は、昨年度の名局1位に

自分は選んだ形でした。

数日前の棋聖戦でも指されていたので

注目の定跡になるかも。

駒得対駒の働きやバランス

数年前までは、数値化しにくいと

思われていたと思うような

駒の働きなどを重視して形勢を判断する

将棋ソフトの判断も、さらに良くなり

感覚みたいな部分も

人より正確に捉えるのかなと感じました。

この▲45桂とする作戦と共に

新しい価値観に注目したいと思います。


2017年4月23日日曜日

炎の7番勝負

今日の夜7時からアベマテレビで

藤井四段対羽生三冠の対局が

放送されます。

非公式戦ですが

ここまでA級棋士を2人を倒し

正に、ラスボスとの戦いですね。

勝敗はもちろん、内容が気になります。

寝て起きると強くなる。

将棋を始めた頃の子供に

良くあることですが

藤井四段は今でもそうかなと

思わせてくれる存在です。

三段リーグの13ー5からして

本格化は先かなと見ていましたが

杞憂だったようです。

それか、最近の公式戦の結果を見ても

三段リーグのレベルが高く

持ち時間が増えて

一気に能力が開花したのかも。

いづれにしても、どこまで

連勝が伸びるのか注目します。