2015年5月25日月曜日

世代

以前から気になっていることですが

将棋大会や支部の運営などは

かなりの部分はファンの皆様のご協力の物。

それでも60代より上の方は

世話役などを進んでやってくれる方も

多い感じがします。

しかし、自分の世代以下、まあ40代より下

の世代で、世話役が好きという方は

あまりいない様に思います。

自分も含めこの世代が年長になった時に

大会や支部、教室などはどうなるのか?

だいぶ先の話なのですが

かなり気になっている事です。

自分達が年長になれば自然とやれるのか?

誰もやらずに衰退してしまうのか?

後者は寂しいので、そうならない様にと

思います。

2 件のコメント:

  1. これから高齢化の時代は、認知症予防に将棋を!と普及すべきだと思っております。

    返信削除
  2. 今の年長者は、経済的に(少しは)余裕がある人もいるでしょう。
    30年後は。。。みんな日銭を稼ぐのに精一杯で、世話役をやるほど余裕がある人はいないかも知れないという気がします。
    「ファンの皆様のご協力」に頼る方法自体が、遠からず破綻するような気がします。

    返信削除