2015年6月22日月曜日

反省中

大阪に向かう新幹線の中で昨日の反省。

3.4級のクラスの授業中

明らかに強い子が2人。

子供達は急激に強くなる場合があって

昇級が追いつかないことがあります。

そんな2人には、練習問題が簡単過ぎて

答えをすぐに言ってしまう。

周りの子からしたら、考える時間がない。

そんな状況の時

講師はどうするべきだったのか?

昔、授業は一番できる子に合わせてやるべき

学習塾の先生がそう言っている事がありました。

自分もそうするべきだったかなと

反省しています。

この件も含め、自分には

指導者としての資質はないと痛感します。

当たり前かもしれませんが

教えるというのは難しいものですね。

1 件のコメント:

  1. > 昔、授業は一番できる子に合わせてやるべき
    > 学習塾の先生がそう言っている事がありました。

    それは学習塾という環境だからこそ、でしょう。
    こども向け将棋教室に当てはめる必要はないように思います。

    返信削除