2015年7月26日日曜日

エピソード

昨日やっていたドラマで

「おかしな刑事」というのがありました。

舞台が王子という、自分の実家の隣町。

それは余談ですが、昨日の話の中に

将棋の駒が重要な手掛かりで

その駒は、11代大橋宗桂が彫った

という設定。

しかも、升田ー大山の名人戦で

使われてから見なくなった。

そんな話でした。

これは本当のエピソードなのでしょうか?

天童の資料館や路上詰め将棋も出たり

かなり本格的に作られていました。

なので、エピソードが気になります。

それにしても、将棋の話が良く出る様に

なりました。感慨深いです。

追伸、最後まで見てクレジットを見たら

相棒と同じ棋士の名前が。

途中、ゴキゲン中飛車とか

かなり詳しいなーと

思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿