2015年8月26日水曜日

三段リーグの記憶 1

自分は記憶力が悪いので

覚えていることを書いておきます。

初参加は18才の時。

たしか10-4くらいで木村さんと対戦。

野球で言えば5回コールド負け。

この時に心を入れ替えていれば

もう少しまともな人生だったかも。

何期かして、最終日に連勝なら昇段。

そういうチャンスが来ました。

相手は今では同門の今泉さん。

珍しく序盤から上手く指していたのに

逆転負け。自分がイヤになりました。

午後の対戦相手も昇段が掛かる

大事な感じでしたが

駒を動かしただけの完敗。

こういう状況で、やる気を保つ。

未だに苦手で、こちらも自分のダメさが

分かる内容です。

この敗戦の後、多くの方々に

「次頑張って下さい」

と言われ、正直イラっとしました。

ただ一人だけ

「お前は情けない」

と言う人がいて

自分は救われた気がしました。

これは性格的なものでしょうか?

同じ様な状況の後輩に言ってみると

周囲から怒られました。

その後は、特に目立つ成績もなく

時間だけ過ぎていきます。

長くなったので、次回に続きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿