2015年11月29日日曜日

持将棋

昨日のリコー杯は持将棋引き分け。

千日手と持将棋は将棋の癌と言われますが

特に持将棋はルールも曖昧な部分があり

ない方がいいものです。

昨日の対局も、最後の50手くらいは微妙

というか、もっと早く持将棋でもいい。

持将棋は対局者の合意で成立する

という面もあるので、どちらから

持将棋を提案するかという問題もあります。

自分の経験で言うと、まだ持将棋を提案して

断られた事はないですが、記録係で

もう少し指すという場面は見ました。

ルールが決まっていないからダメだと

思いますが、お互いの玉が寄りそうになく

点数も足りてそうな局面で断るのは

どういう心理なのか気になります。

また、苦手な人がまだ敵陣に入る前に

提案するのも、何回か見た事があります。

個人的にはありと思いますが

これにもルールが出来ないかなとは

思います。

持将棋はレアケースなので

多くの人が関心がないのだと思いますが

中継も増えて来た今は、そろそろ何か

対策が必要かなと思います。

千日手については次回書きます。


0 件のコメント:

コメントを投稿