2015年12月10日木曜日

過渡期

昨日書いた事に続けて、棋戦に関する

ちょっと真面目な話を書いてみます。

連盟のホームページを見て頂ければ

分かりますが、竜王戦と棋王戦に

女流二冠である加藤桃子さんが

出場します。

加藤さんは奨励会の初段。

奨励会に在籍する人が公式戦に出る

これは一時は無しになっていたはず

なので、かなり門戸を開いた感じです。

後はスポンサーとの話し合いでしょうが

他の棋戦に参加する事も考えられます。

奨励会の初段が棋戦に参加すると

どれくらいの成績なのか?

ある程度分かるのではないでしょうか?

ただ、分からない面もあって

里見さんは出ないのか?

これは、説明があるかもしれない

ですし、気になる所だと思います。

他にも、里見さんが四段になったら

女流棋戦も公式戦もフル参戦か?

女流棋戦は勇退か?

などが気になります。

自分の勉強不足かもしれませんが

昨日、何人かに聞いた感じでも

知っているという人はいなかったので

まだルールがないのではと思います。

こういう、公式戦の出場枠が広がり

参加人数が増えて、スポンサーも

増えていく。そういう流れになれば

と思います。

そうすれば、棋士を目指す人も増えて

将棋界が残っていけるのかな

そう思います。

ソフトとの電王戦も含めて

この数年が過渡期になるのかな?

と勝手に思っていますので

その辺りに注目してみたいと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿