2016年3月23日水曜日

新しい形



先日指した角換わりの将棋。

後手番ですが、考えたのは△9四歩と△4三銀上。

△9四歩は▲2五歩でよくある形に。

そこで△6五歩と仕掛ける手も

最近見直されていますが、今回はパス。

実戦は△4三銀上としました。

あまり見ない手ですが。△6五歩と仕掛けるのに

△9四歩よりは得とみたもの。

これに対しての先手の候補手は▲2五歩か▲9五歩

▲8八玉は△9四歩としても後手が有力とされた形。

実戦は▲2五歩でした。

変化が多くて書ききれないですが

実戦は△4三銀上が生きる展開になり

上手くいきました。

この手が上手く行くかどうかは分かりませんが

可能性があるなら、今後公式戦で指す人が

出て来ると思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿