2016年3月12日土曜日

チャンスなのか?

途中から囲碁を見ていました。

実力的に、手の意味とかは分かりませんが  

解説の感じから判断して

完敗だったのかなと感じました。

囲碁には「コウ」という形があって

お互いが相手の石を取れる状況になると

取られた方は、何か違う一手を打ってからでないと

取り返せない形があり 

その間に打つ手を「コウダテ」と言います。

初段程度の自分の認識だと

コウになると、波乱が起きやすく

優勢な方は避ける傾向にある。

その程度のもの。

今回の第三局では、コウの中でも寄せコウ

という、一方が不利な状況で戦いを挑む。

そういう形が表れました。

解説の感じでは、そこでおかしな感じになったけど

もう少しで逆転か?という所からは

また一気に差を付けられた。

そんな印象です。

イセドルさんは、自分が負けたのであって

人間が負けた訳ではない。とコメントしたとか。

ソフトの棋譜が多く残される様になれば

研究が進み、違う結果になる事も

電王戦を見た時の印象からすると

あるかもしれません。

今度行われる、山崎さんとポナンザの戦い。

厳しい戦いだと思いますが

今のこの状況で山崎さんが勝てば

将棋というゲームの難しさの

いい宣伝になる気がします。

4月が楽しみになりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿