2016年5月22日日曜日

電王戦2日目

封じ手から先手が苦労している。

そんな感じです。

現在は△88歩から△66歩

と進んだ局面ですが

かなり先手が苦しい印象です。

ソフトに対して人間が勝てない。

一番は、圧倒的な読みの量や早さ

だと思いますが、それに加えて

ランダムというか

事前準備がしにくい点。

これは、現在多くの棋士が

対戦相手を調べて

データから作戦を絞る。

そういう戦い方が

序盤から何をしてくるか分からない

ソフト相手に戦うのに

厳しいのではないかと思います。

今まで作り上げてきた定跡が

違うとなって、新しい局面になる

そうなると、絶対的な

読みのスピードに量。

それが大事なのでしょうか。

今日の対局が終わると

何かの発表があるのかないのか?

今は、それを楽しみにしています。

0 件のコメント:

コメントを投稿