2016年5月15日日曜日

番組の感想

人工知能についてのNHK番組を

見終わっての感想です。

人工知能の進歩について今後など

羽生名人がナビゲーターなので

見ていて面白い感じでしたが

気を使われたのか将棋には

あまり関係ない感じで

名人がやや遊び駒みたいな感じ?

かなと感じました。

また、アルファ碁の話題が多かったので

囲碁の先生がナビゲーターの方が

しっくりきたのかなと思います。

番組を見ながら色々思い返したりして

昨年、名人が棋士にと連れてきて頂いた

プログラマーの方のお話が

着々と実現している感じで

当時は物を認識する能力は

得意な物は人間より優れているが

複雑な物は全くという話でした。

今は、かなりの精度でしょうね。

他にも、暴走しないか?

という棋士の質問に楽観的に

捉えているというお答えだったのですが

番組でもやっていた様に

かなり対策されている感じで

作る側に悪意がなければ

いい物が出来上がる。

という事なのかなと思います。

パソコンや携帯電話の様に

どう向かい合うかが

今後の課題なのかなと思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿