2016年6月4日土曜日

今年は

棋聖戦は挑戦者の持ち味が

発揮された快勝だったのではと

見ていて感じました。

横歩取りで優勢に進めていた

そう思いましたが

少し追い込まれた感じの局面で

千日手になりました。

持ち時間の切迫もありましたが

優勢そうな局面であっさりと

千日手に出来るのは

長く戦えば大丈夫という自信か

将棋を指すのが好きか

なかなか出来ない事かなと思います。

Twitterを見ていたら

羽生棋聖は初の6連敗という事です。

負けた事がニュースになるのが

一流の条件だと言いますが

その通りだなと思います。

ただ気になるのは

連敗の最初の名人戦第2局以降は

大敗が続いている印象です。

横歩取りは

そうなりやすい面がありますが

昨日の指し直し局も

途中からかなり差がついていた

そういう印象です。

これは自分の印象なので

他の人は違うかもしれませんが

終盤の競り合いが見れないのは

残念な感じがします。

中継の裏では新名人が勝ち

王座戦の挑戦も近い位置にきました。

世代交代の年になるかどうか

そんな1年になりそうな気がします。

0 件のコメント:

コメントを投稿