2016年6月11日土曜日

伝統とか文化とか

最近少し気になる事を書きます。

伝統とか、文化みたいな事と

デジタルとか進化とか

例えばですが、今までの暗黙の了解

そういうのはどうしたらいいのか?

将棋界では、将棋盤の上には

物を置いてはいけない。

なんとなくですが

自分くらいまでは

共通認識だと思いますが

20代の棋士や奨励会員にはどうか?

今は機械で将棋を指すことも

かなり多い時代なので

もう少ししたら、大橋流や伊藤流

のような並べ方を知らない人が

棋士になるという事もあるでしょう。

聞いた話ですが

麻雀のプロ試験に

ネット麻雀しか打った事がない人が

来る事があるそうです。

道具を大事にするという事から

盤の上に物を置くのは

好ましくないと思いますが

自分もどちらかと言うと

あまり執着がないので

物を置いてしまい気持ちも

分からなくもありません。

昨日の総会の話では

連盟はユネスコの文化遺産を

目指していくという事だったので

なるべく、残して行く方が

いいのかなとは思います。

それをやるには

師匠や先輩が

しっかりと伝えなくてはいけません。

自分にその役が務まるかは

疑問もありますが

できる事はやりたいなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿