2016年6月16日木曜日

昨日の続き

これから、矢倉だけでなく

多くの作戦が序盤の見直しに

なってくるのかなと

なんとなく思っています。

今までは、公式戦と研究会などで

構成されていたものが

ソフトの対局からになる。

少し前は、アイデアの確認を

ソフトでする感じが多いと思いますが

これからは、ソフトの手法から

アレンジする人が増える感じ

かなと思っています。

今までの定跡の穴を見つけた人が

少し勝って、みんなに見つかって

新しいものが出来る。

少し前に新手一勝という

言葉がありましたが

今回は新手三勝くらいかなと

思います。

当たるかどうかは分からないですが

左美濃は対策されて

あまり出来なくなって

その対策に対して

37銀の様な早繰り銀が来る?

というよりは、早繰り銀がイヤで

構えていたら、左美濃にやられた?

この辺りはわかりません。

ただ、相居飛車の方が流れが早い分

変わるのも早いと思います。

難し過ぎて

将棋は分からないことばかりですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿