2016年7月7日木曜日

アニメ

昨日は王位戦の後に少し寝て
順位戦を見ていました。
横歩は後手有利かなと
昔から感じていますが
順位戦も後手勝ちでした。
ただ、横歩取りというより
終盤の競り合いを制した。
そんな感じでした。
昨日は1日ネットに触れていましたが
その中で、ちょっと気になる物が。
高度な将棋の研究を
アニメの美少女達が解説する。
Twitterのフォロワーさん達が
何人も楽しみにしている感じだったので
興味本位で見てみました。
確かに、かなりのレベルで
研究が発表されていました。
自分もTwitterで将棋の事を
定期的にやっているので
時代は動画なのかなと思ったり。
内容は確かに高度ですが
自分にも出来る範囲のレベルでしたし
アニメを上手く使えるなら
やってみたいなと思いました。
ただ、いつも気になるのは
ああいうキャラクターとか
勝手に使っていいのかな?
とか、内容が難しい方がいいのかな?
とか。近くにいる人で
詳しい人を見つけて相談して
みようかなと思います。
Twitterのアイコンが
アニメの人も多いし時代はそっちかなと
かなり出遅れた感じがありますが
少しずつ勉強してみたいと
思います。
もし、意見してくれる方が
いらっしゃいましたら
ブログかTwitterに
頂ければありがたいです。
宜しくお願いします。

2 件のコメント:

  1. プロ棋士の解説に触れられる機会が増えるならそれは喜ばしいことです。
    ただ、ああいう品質の動画を作るとなると、相当苦労しますよ。
    脚本、セリフ、動かすアニメ素材、録画した素材動画、BGM、字幕、棋譜(教材)の選定、これら動画作成ソフト上で管理するアイテムいっこいっこを全部足すと、数百から1千は超えます。
    著作権他、権利関係の問題も学ばないとなりません。
    それらを全部クリアして動画完成までこぎつけたら、そのこと自体が話題性あるでしょうね。
    「大平六段が○○(アニメキャラ)と大盤解説してみた」みたいな。

    ただ、YOUTUBEで連盟がアップしている「目指せ初段」や「○○の基本手筋」のような形式の方が、上記に比べるとはるかに安心安全楽チン手っ取り早いと思います。
    その場合、ドカンと大ヒットとはいかないでしょうけど。

    返信削除
  2. 子供やアニメファンも入りやすいでしょうね^^

    返信削除