2016年8月25日木曜日

発売日



「矢倉囲いを極める77の手筋」

昨日も書きましたが、今日発売です。

穴熊→中飛車→早指し→矢倉

と本を書いています。

次回は四間飛車の予定なので

何というか、オールラウンドというか

何でも屋ですね。

毎回、簡単にできれば初段くらいのレベルの

という目標で書いているのですが

書いていて思うのは

自然と難しいことを書いているなと

感じることがあります。

例題を出す時も、この手筋を知ってほしいと

作った図面が、他の手が気になって修正。

それを繰り返すと、問題自体が難しくなる。

そういうジレンマもあります。

今回の矢倉の本は形を重視したつもりです。

読んで頂いた方で感想や意見のある方は

このブログかツイッターにコメント頂けると

次回以降の参考になるのでありがたいです。

よろしくおねがいします。

0 件のコメント:

コメントを投稿