2016年10月15日土曜日

離席について

連日、離席の映像が流れていますが

離席=不正

みたいな印象になりそうで

辛い感じです。

持ち時間が短い対局なら大丈夫ですが

順位戦の様に長い対局で

離席なしで対局室から出ないのは

自分の感覚では拷問です。

自分の太い体型や考えるのが苦手な性格

そこに問題があるとも思いますが

対局室独特な雰囲気は

ずっといるのは自分は苦手です。

それでも、今後は気をつけていかないと

そう思います。






5 件のコメント:

  1. やはり大平さんも「先生」って呼ばれることを当たり前と思っちゃってる人なのかな。

    私は、今回の一連の電子機器規制に関するあなたも含めた将棋指し連中の反応がとても不思議です。
    「昼食時に外に出れないのは気分転換が出来なくなる」
    「離席すると怪しまれてしまう。。。辛い。」
    とか。正直、あなたたちは自分の置かれている立場理解してんのって感じ。

    「将棋指し」って、天から降ってきたわけでも世の中に必須の職業でも無いんですよ。将棋指しなんて
    居なくても世間の99.9...%の人は全くノープロブレム。それが存在しうる理由は、世の中に
    将棋というゲームのファンが居て、将棋の技量に長けた人間をリスペクトする層が存在しているから。
    今回の件は、その「リスペクト」の部分に決定的な打撃を与える事態な訳で、将棋指しの存続意義(=「先生」と呼ばれる理由)
    問われている非常事態なわけで。

    あなたは、よく自分の所属組織のことを「会社」と表現しますが、普通の民間企業であれば、存続を
    や信用を問われれば、必死で立て直す行為を行うか、個人レベルであれば必死で転職先を探します(笑)。
    あなたはどっちですか?

    まあ普通の会社にも居ますよ。自分の会社は少なくとも自分が定年までは当たり前に存在すると思って、
    仕事もせず、自分の権利だけをやたら主張する奴らがね。

    返信削除
  2. ここぞとばかりに叩きまくるクレーマーってどこにでも現れますよね。

    返信削除
  3. 大平さんの「離席しづらいのはきついな」という愚痴にお客サマ視点のお説教かまして、気分いいんですかね。こういうのがクレーマーだよね。

    返信削除
  4. ① 椅子席で対局すると少しは楽になるんじゃないでしょうか
    ② 監視カメラ付きの休憩室を設けて,そちらでひと休みできるようにしたらどうでしょうか。休憩は必ずその部屋ですることにして,お茶やコーヒのサーバーを置いて(一っぱい五〇〇円くらいで)飲めるようにして,(但し,たばこ,酒は禁止)


    返信削除
  5. 世の中便利になることで良かったことがある反面、今まで気を使わなくてよかったところまで気をつけなきゃいけなくなるという事はままある事ですね。
    大変でしょうが、これも時代の流れと受けいれてくださる以外ないと思います。
    辛辣なコメントもありますが、注目を集めている時は仕方無い、ここは辛抱する局面だと思います。

    私はソフトがいかに進歩しようとも評価値が高い手を棋士に指して欲しいなどとは思いません。

    この棋士ならたとえ悪くてもここはこう指すという一手、ここで辛抱する手を指すのがこの棋士なんだという姿。棋士の好みや主義や生きざまが感じられる将棋を見たいし、知りたいと思っています。

    今このような時代・状況になったからこそ、前時代的かもしれませんが、これぞこの棋士の将棋だという棋譜が求められるのではないでしょうか?
    これぞ大平武洋だという将棋をこれからも是非見せつけてやって、くだらん雑音を消し去ってください。
    期待してます!

    返信削除