2016年10月24日月曜日

当面

なんかよく分からない

情報ばかり出てくる感じで

チェックしているのが

バカらしく思うようになりました。

どこまで行っても

話が正しいかどうかも分からないので

今後は見守ることに決めました。

ただ、何か疑問や質問があれば

ツイッターなどで答えていきます。

先日も書いたように

四間飛車の本がおかげさまで好調で

ゴキゲン中飛車の本も書けることに

なりました。

来年初めに発売できるように

執筆に励むことにします。

それから、日ハムが苦戦しているので

札幌での巻き返しに期待です。




3 件のコメント:

  1. はじめて書き込みします。
    質問ですが、
    将棋世界の紙上等で、『棋譜並べをするといいですよ。』
    と、ありますが、
    漠然すぎてよく解りません。
    棋譜並べ初心者・(棋譜並べ)中級者・(棋譜並べ)上級者では
    やり方がたぶん違いますよね。
    それぞれの、レベルに合った正しい棋譜並べの方法
    (1日の並べる局数や時間、手の意味を考える時間等)を
    教えて頂けませんか?
    ツイッターは、していないので、こちらで教えてください。
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. 目指す棋力によりますが、棋譜並べはあまり必要ないと思います。ざっくりですが、奨励会から棋士を目指す人や県代表から全国優勝を狙うくらいの方なら、一局に30分から1時間くらい掛けて勉強するのはいいと思います。アマ四段くらいまでの方なら、棋譜を並べるよりも、定跡書を読んだり、5手くらいの詰め将棋をやる方が、棋力アップには有効だと思います。それでも棋譜並べを取り入れたいというのであれば、一局10分程度で、解説があれば読みながらがいいと思います。解説がない場合は、深く考えないで、駒がどう進んでいるかを見て、感じ取るのがいいと思います。

      削除
    2. プロの先生の、貴重なお言葉ありがとうございました。
      将棋世界や、NHKのテキスト、他に載っている棋譜も、
      いろいろ感じ取りたいと思います。
      本当にありがとうございました。

      削除