2017年2月8日水曜日

いい1日

時間は普通に終わりましたが

立会人の仕事は大波乱でした。

このことが後で発表されるかは

今のところ分からないです。

また、夕方に三浦さんとお会いしました。

一応、挨拶だけでもと思いましたが

「ご迷惑をお掛けしてすみませんでした」

と、先に言われました。

正直、驚いてしまって

何も言葉を返せなかったです。

その後も、考えましたが

未だにわからないです。

自分はどうするのが正しかったでしょうか。

夕休からは控え室で見ていましたが

逆転がなかったような、先行逃げ切り

ばかりに見えました。

終わってみるといい1日だったと思います。

4 件のコメント:

  1. 三浦さんのお人柄のよさが想像できますね。(失礼ながら、将棋界的上下関係からすると、三浦さんからみると大平さんは「眼中にない」感じなのかと思っていました。)

    返信削除
  2. いつもブログとツイッターを楽しみに拝見しています。
    三浦さんの事件明け初の連盟への出勤(?)、自分だったら不安や緊張で張り詰めてしまうかと…。
    同業の棋士の方に一言声を掛けて貰えるだけでもほっとしたのではないかなと想像します。
    まとまりませんが、いつも色々と情報を発信して下さって、どうも有難うございます。

    返信削除
    返信
    1. すみません、言葉足らずだったので追記します。
      大平先生が声を掛けてあげたら良かったのにという意味ではなく、声を掛けられたかどうかは分かりませんが、大平先生が挨拶をしようとなされただけでも、三浦先生はほっとされたんじゃないかなという意味でした。
      私に先生方のお気持ちを推し量る事はできませんが、自分が何か職場で揉めた後、復帰する際に同僚に避けられたり、目をそらされたりしたら悲しいですし、逆に挨拶してくれたり、言葉はなくとも近くに来てくれたり、肩をポンと叩いてくれたりするだけでも有難いのではないかと想像します。
      Brittyさんの仰るように言葉にせずとも伝わることもあるかも知れませんね^^

      削除
  3. エントリを拝読していて、私事ですが、とてもつらかったときに、お会いした方がやはり一言も発せずにおられて、その方がそのことをことばにできないほどつらく感じているということに、いいようなく慰められたことを思い出しました。いまはどうしようか悩むそのお気持ちを大事になさってください。いつかことばに出来る日も来るかもしれませんから。

    返信削除