2017年2月12日日曜日

東西の違い

先日少し書いた、東西の将棋会館の違いを

自分の目線で書いてみたいと思います。

どちらも5階で東京は地下もあります。

そう言えば、大阪に地下があるかは

分かりません。

1階が売店で2階は道場、3階が事務局

というのも同じ感じですね。

4階と5階が対局室になりますが

東京は4階メインで、大阪は5階メイン。

東京は地下と5階にスタジオがあります。

建物はそんな感じで。続けて対局中のこと。

用意されているお茶は、東京はほうじ茶で

大阪は緑茶。東京は煮出してポットに入れてあり

大阪は記録係が毎回作ります。

さらに、大阪ではお盆が1人1つ用意されていて

東京は希望者のみ、対局過多だとないことも。

買い物は以前書いたように、大阪はあり。

出前に関しては、大阪で1度頼んだだけなので

良く分からないです。

他にもあるかもしれませんが

思い付くのをざっと書きました。

正直、対局環境はだいぶ大阪の方がいいと

思います。

それは絶対的な人数の差で

部屋が狭いのも辛いことです。

以上が東西の違いの一部です。

携帯中継の足しにでもなればと思います。


0 件のコメント:

コメントを投稿