2017年2月24日金曜日

長文注意

最近CMで卓球と将棋のコラボがありますね。

昨日は、将棋会館の前で将棋の駒を

ドミノみたいにして倒していくのを

収録されている姿を見ました。

個人的には盤や駒をどの様に使っても

何とも思わないのですが

ドミノの方は、団体として協力するのかと

驚きました。

これとは少し違う話ですが

最近、2つ悩むことがあります。

1つは盤の上に物を置いたりするのを見た時

もう1つは、まだ将棋を始めたばかりの子と

将棋を指す時、先に王将を取られた時

最初の方は、奨励会員や棋士の後輩相手です。

基本、自分は言わない様にしていますが

将棋界のいい伝統として伝えるべきか?

2つ目の方は、始めたばかりの子に

形式的な事を言う方がいいのか?

毎回言う人はすごいと思っていて

将棋に対して真面目に考えているのかなと

思ったりします。

自分自身がだらしないので、言えた義理では

ないと思いますが

これからもどうしていくのか

考えてしまいます。

誰か、頼れる人がビシッと

決めてくれないかなと思っています。

19 件のコメント:

  1. 個人的にはプロの将棋指しの方々は和室の所作がなっていないなあといつも気になっています。座布団を踏む。畳のへりを踏む。ふすまは立ったまま開けたてする。そんななかで道具だけ丁寧に扱っているのは、第三者からみると、むしろこっけいでもあります。

    返信削除
  2. プロとして文化や伝統を神聖なものとして守り引き継いでいく責務があると思います。ただその反面、庶民の中には身近で気楽な遊びとしての将棋もありますので、プロの世界の外に口出しする必要が何処まであるのがというのは難しいところですね。
    それを踏まえても、将棋倒し?にプロの連盟が協力する必要があったかというところは疑問です。

    返信削除
  3. 迷うことでもない気がしますが。
    最初のは逆になぜ注意しないのでしょうか?2番目は優しく教えてあげたらいかがですか?教えてもらわないと分からないし、後でその子が大平先生には何も言われなかったとかで厄介なことにもなりかねません。

    返信削除
  4. >>Britty
    棋士がふすまの開け閉めを立ったまま行うのは
    間違いじゃない。
    これはやるとしたら記録係や連盟職員だ。

    返信削除
  5. あなたは自分のことをフリーターって言ってませんでしたか?
    所詮、将棋はアルバイトなんだから文句があるなら連盟を辞めたらどうですか
    どうせフリークラスレベルの、アマチュア以下の棋譜を引退するまで連発するだけなんですから
    みんなあなたに言わないだけで、とっととやめてほしいと思っているんですよ
    まだ気付かないんですか?

    返信削除
  6. 伝統文化とか言いながらソフトと対局したり
    お金のために結構文化を売り渡してるのが現実でしょ?
    結局、生活のためには何でもやるようになるんですって
    綺麗事言えるのは余裕がある証拠

    返信削除
    返信
    1. 結局とか証拠とか、単なるお前の個人的な思いであって、理論になってない。
      やりなおし

      削除
    2. 伝統文化といいつつお金貰えればある程度は妥協する
      文化<<自分たちの暮らし
      ドミノガラガラガラ~

      削除
  7. ハッシーが駒を弾き飛ばすやつはオッケーか?
    粗探ししながら生きてるんだな
    連盟に直接言っても、お前が雑魚過ぎで誰も相手してくれないもんな
    粗見つけてツイッタランドで晒してみんなで叩いてくれって手口気持ち悪いわ

    返信削除
    返信
    1. 粗探ししてんのはお前だよ暇人

      削除
  8. 2ch名人でもお前フルボッコだな
    誰もお前の将棋とか興味ないからとっとと引退したら

    返信削除
    返信
    1. 馬鹿が自演して恥ずかしいな

      削除
  9. 見た目や礼儀がきれいな将棋界、結構魅力アップになると思うな。

    返信削除
  10. 棋士と子どもの指導者とはいろいろ違うので難しいですね。
    将棋教室なんかで将棋を始めようとする子どもには、駒の動かし方と一緒に必要なルールは教えておいてあげるのもいいかと思います。後で「そうだったよね」って確認することもできますから。
    奨励会員や棋士にはやっぱり識っておいてほしいですね。将来、棋戦やタイトル戦で対局する時にも困ると思いますから。

    返信削除
  11. 棋士の世界の礼儀作法がどのように定められているのか分からないので何とも言えないところかな、と思いますが、プロの世界は技術の優劣を競うボードゲームとしての面と、ある種の禅というのか精神文化の面も大切にしていかれるのが望ましい姿なのかな、と個人的には思っております。
    とはいえ実態としては盤の横でおやつを食べたり昔はタバコも吸ったりしてた訳で、そんなに仰々しい伝統があるのかは分からない、というのも感じますが…。
    礼を失した匿名コメントについては気になさらないで下さい。

    返信削除
  12. 将棋に限らず何でもそうですが、道具を大事にするということはとても大切なことです。今一度、この原点に立ち返っていただきたいと思います。

    返信削除
  13. 「伝統だから」のひとことで若い世代を説得するのは難しいのではないか、とお考えなのですね。例えば剣道では、勝負に勝った時はすなわち相手を殺した時なのだから、あからさまに勝利を喜んではいけない、というロジックも使われます。そのような意味で、将棋盤は真剣勝負の場なのだから大事に扱いましょう、というメッセージを伝えることはできるのではないか、と思います。
    また、王将をとるのは実際目上ではあるのですが、タイトル保持者であればキャリアに関係なく王将をとれるので、「君が僕より強くなったら王将をつかえるよ」という伝え方も織り交ぜてはいかがでしょうか。単純に目上だから云々と説明するよりも、勝負の世界のシビアさ、自由さが伝わるのではないか、と愚考します。

    返信削除
  14. >昨日は、将棋会館の前で将棋の駒を
    >ドミノみたいにして倒していくのを
    >収録されている姿を見ました。

    >ドミノの方は、団体として協力するのかと
    >驚きました。

    将棋倒しですよね?

    将棋倒し:将棋の駒を間を置いて並べ、一端を倒して、次々に残りの駒を倒す遊び。(大辞泉)

    辞書にも載っている歴史のある遊び方ですが・・・
    なぜ「頭がおかしい」「驚きました」という感想になるのか
    いまいち分かりません

    返信削除