2017年5月31日水曜日

開幕戦

新しくタイトル戦になった「叡王戦」の

組み合わせが決まったみたいです。

開幕戦は藤井四段みたいで

今年か、あるいはずっと開幕戦担当に

なるのですかね?野球の開幕投手のように。

需要があるかは分からないですが

抽選している所も、中継したらどうかなと

思いました。


1 件のコメント:

  1. 個人的には需要あります!! きっと多くの視聴者にも!!
    が、以前YouTubeに連盟公式アカウントで上げられていた順位戦の抽選では、最終局の同門対決や二期連続対決を避けるなどの複雑な条件に対応したコンピュータプログラムによってクリックひとつで決められていたように記憶しているので、抽選と言っても見た目に映えないから仕方ないのかなと捉えていました。
    とは言え、叡王戦は予選を関西関東に分ける条件もないようですし、順位戦と違って「抽選箱やガラガラを使った中継映えのする抽選」がしやすいようにも思います。

    ところで、抽選と言えば昨年末の竜王戦の藤井聡太vs加藤一二三の組み合わせは、忖度があったのではないかと考えている将棋ファンは多いと思います。もっとも、けしからんというよりは、「まあ、興行的にアリだよね」と好意的な受け止め方をしているファンが多数派だとは思いますが。

    今年に入ってからも、三浦九段の復帰戦が羽生三冠に決まったのは、藤井加藤戦ほどではないにしろ、忖度のにおいを感じたファンも少なからずいたように思います。また、「連盟さすがの采配」と好意的に見る向きもあったいっぽうで、「連盟ってそういうことしそうだよね」的な、悪意ではないにしろ、モヤモヤした印象を持ったファンもいたように、わたしには感じられました。

    (実際に忖度なんてしていないとすれば、)少なくとも叡王戦においてこうしたモヤモヤを払拭するためにも、来期以降の話になりますが、ぜひ、公開抽選を実現してほしいですね。

    仮に忖度なしには藤井加藤戦のようなドラマが生まれにくくなるとしても、忖度なしが保証された中で起きる数少ない奇跡的なドラマなら、おぎなって余りある大きな感動を生むと思います。

    返信削除