2017年9月30日土曜日

10月に向けて

なぜか分からないですが

明日から、まあまあ予定が

入るようになりました。

遊びも入りますが

毎日予定があるようになれば

少しは生活にハリが出て

いい方向に向かっていく感じが

しています。

10月からは新しいルールが施行され

来年に実用化されるのか

という大きな変化があります。

それを見据えて

対局に持って行くものなど

もう少し見直してみようと思います。


やりすぎ都市伝説

以前、升田幸三伝説みたいな話が

紹介されていましたが

今回は、小池重明さんの

エピソードでした。

自分は小池さんと面識はないですが

奨励会に入る前などは

将棋ジャーナルという雑誌を

読んでいたので

良く見ていたという印象です。

真剣師といえば

花村九段か小池さんというイメージで

プロに編入していたら

どうなっていたのでしょうか。

今回の都市伝説も

昨年からの将棋ブームというか

藤井四段と加藤九段の人気から

出てきた感じで

将棋界としてはありがたい感じですね。

2017年9月27日水曜日

あさひなぐ

今日は、急遽映画に。

あさひなぐという薙刀の話で

乃木坂46が中心のメンバー。

少し前に書いた

咲や、ちはやふるみたいに

高校生が団体戦にのめり込む感じは

見ていて、かなり引き込まれます。

武道をやったことはないですが

勝負の心得として

重要な言葉もあったり

為になる映画でした。

また、会場になっていた

東京武道館は、将棋の職団戦でも

使われる所で

同じ所で将棋を指せる

職団戦参加の方々が羨ましいです。

前にも書きましたが

団体戦をやりたかったと

今でも思う時があります。

いろいろ考える映画でした。

2017年9月26日火曜日

バスの旅

録画しておいた、バスの旅を見ました。

今の時代に、わざわざ時間が掛かる

乗り物で移動する。

また、検索禁止で地図で道を確かめる

という、完全アナログな行動です。

今は2代目MCですが

初代の蛭子が人気だった感じで

移動中の様子が楽しめる番組です。

このような番組の人気があると

将棋にもいい効果が

あるかなと思っていて

長い時間を掛けて対局することや

デジタルを使うと楽なのに

使わないで苦しむことなど

日頃の公式戦に共通することが

あると思います。

見て思うのは、3泊4日なら

簡単そうに感じますが

意外とバスがない所や

閉鎖した路線が多いので

難しい感じです。

デジタルとアナログを

上手く使い分けられると

いいですね。


2017年9月25日月曜日

じゃんけん大会は

初のHKTメンバーの優勝。

2人組でのデビューが決まりました。

1人のメンバーが勝ち続けたのも

素晴らしいですが

運命を託して、1度も戦わないで

優勝を勝ち取ったもう1人のメンバーも

立派だなと思います。

将棋界で言うと、三段リーグや順位戦。

もちろん、全勝で自力で決めるのが

1番分かりやすい結果の出し方ですが

そこまで差のない相手との戦いで

負けないのは難しいことです。

最終局では、自分が勝っても

相手が勝つと、順位の差でダメ。

ということがあります。

なんとなくですが、こういう時の結果は

その人の運というか

「持ってる」

と言われる部分なのかなと思います。

勝手なイメージですが

大成する人は、こういう部分が強く

偶然なのか、努力したおまけなのか

周囲が望むからなのか

結果が出る気がします。

ただ、あくまで良いところまで

行かないといけないので

まずは、そこまでいけるような

実力を付けるのが優先ですね。






2017年9月24日日曜日

じゃんけん

今日はAKBのじゃんけん大会の日。

じゃんけんって、強弱がありそうな

なさそうな、不思議な勝負。

メンバー比率からすると

有名なメンバーが優勝していることが

多い感じがしますが

そういうメンバーの方が

強くあって欲しい感じもします。

今年はニコ生で中継があるみたいで

見るのを楽しみにしています。

自分が応援するHKT48は

じゃんけん大会には無縁なので

そろそろ優勝を期待します。

2017年9月23日土曜日

熱戦のとき

さっき書いた様な、実戦での長い詰み筋。

これは、なかなか鍛えるのが難しく

基本的には、詰め将棋をたくさんやって

詰みに関するレベルを上げるしかありません。

今はどうかわからないですが

奨励会の有段者くらいから

長手数の詰め将棋を、時間を掛けて

じっくりと読むというのが

棋士になって持ち時間が長い対局へ

向かうのに有効と考えられて

いたように思います。

それと逆とまでは言えないですが

短時間で判断して、なおかつ手数も長めに

考えないといけない。

昨日の局面はそんな感じでした。

こうなると、最初に浮かんだ筋が

イケるのかダメなのかでかなり違いがでます。

ざっと50手は続いていたでしょうから

時間にしたら1時間くらい。

初手が正しい選択ならいいですが

間違えたらなかなか厳しいものです。

また、逃げる側も大変で

こちらも手が見えていないと

簡単に詰む方に逃げたりします。

長くなりましたが

熱戦をソフトの答えを見ながら

実戦を見て行くのも面白いと思いますし

とりあえず、見ないで考えて

後で答え合わせするのもいいですし

詰むか詰まないかだけを見るのも

いいと思います。

今後、どういうやり方が

主流になるのか

ちょっと気になります。




昨日

昨日の順位戦は凄かったですね。

特に三浦ー広瀬戦は

最後どうなるのかわからないで

携帯を見ていました。

ソフトに詰むかを考えさせれば

答えは分かるかもしれないですが

12時間以上戦った状態で

ベストパフォーマンスは

なかなか大変だと思います。

前にも少し書きましたが

自分はソフトがない生活なので

詰んでいたかどうかは

自分で解決するしかないですが

今でも良くわからないですが

なんとなく詰みがあったような

そんな気がしています。

(つづく)


2017年9月22日金曜日

TEPPEN

今日の夜、フジテレビで

芸能人がいろいろなもので

ナンバー1を決める番組が放送されます。

元々、ピアノを見るのが好きですが

今回は将棋があるみたいです。

実際は、9マス将棋という

ちょっと違うゲームですが

将棋を取り上げて頂いたのは

藤井四段のおかげですね。

将棋で芸能人と言えば

つるのさんが有名ですが

3月のライオンの主役

神木隆之介さんも出るみたいで

かなり注目しています。

神木さんがナンバー1になると

イメージめさらに上がるような気がして

頑張ってもらいたいですね。


順位戦

今日はA級順位戦が3局。

特に稲葉ー豊島戦に注目していて

豊島勝ちなら挑戦者は決まりかも

というくらいに見ています。

個人的に実績と実力の差が

1番大きいと思うのが

豊島さんで、まだタイトルがないですし

そろそろではないかなと

勝手に予想しています。

藤井四段からすると

かなり強力な壁で

簡単に並んだり、越えたりするなら

タイトルをたくさん取るだろうと

予想されます。

今日の夜の楽しみです。


引退発表

1日経ちますが

安室奈美恵さんが引退発表されました。

安室奈美恵さんの曲は

小室ファミリー全盛の時に

良く聞きました。

たまたま同い年なので

注目していたということもありますが

スターの姿を見れなくなるのは

残念な感じです。

応援というか

好きなバンドやグループなどの

解散や引退は寂しいものです。

個人的には、スキャンダルとかは

どうでもいいと思っていて

肝心なのは、ステージやメディアに

出てくれていることだと

自分は考えています。

昨日、たまたま握手会の話とか

していましたが

自分が握手会が苦手というか

あまり興味がないのは

距離感があった方が

いい感じで見ていられるというか

近いのが、好きではないからです。

引退は発売されましたが

まだ1年あるみたいなので

1回申し込みしてみるかと

考えたりしています。










2017年9月21日木曜日

火鍋

昨日はゲラチェックに行ってきました。

終わったあとは火鍋を食べに。

たまに行く店なのですが

スパイスが効くのか

ラムがいいのか

次の日の体調は

上がってることが多くて

今日は期待できる日になるでしょうか。

また、昨日新刊を頂きました。



最新の戦型をタイトルに近い人が書いている

という、かなりハイレベルな本です。

携帯中継のお供に抜群ですし

上手く取り入れられれば

勝率アップになるかもしれません。




2017年9月20日水曜日

給食

たまたまですが、ニュースで

給食に異物が混ざっていたというのを

見ました。

味が悪く、残す生徒が多い。

というニュースから、異物が見つかる

という流れみたいですが

ちょっと驚きというか

残念な印象を受けました。

たまたまですが

自分の通っていた小学校は

給食室がありましたし

テーブルマナーを学ぶ部屋もあって

定期的に、ナイフやフォークの使い方など

給食の時間に学びました。

ニュースを見て感じるのは

こういう学校は少ないみたいで

自分は恵まれていたのだと

30年近く経過して知りました。

自分は子供がいないですし

この問題からは遠い位置にいますが

給食は税金で賄えないのかなと

思う時があります。

自分のように恵まれると

給食にイヤな思い出はなく

テーブルマナーも最低限は学べたので

大きな恥をかくことも

今のところはありません。

気になったニュースなので

思ったことを書いてみました。




体感

昨日は夕方まで働いて

夜からはアベマで王座戦を見ていました。

見た印象は、熱戦でしたが挑戦者の勝ち。

自分の実力を無視して書くと

どちらも本調子に見えないというか

終盤で毎回波乱が起きそうな

空気感になっていると思います。

自分の体感なので

間違いの可能性は高いですが

王座戦の後に始まる竜王戦も

この感じだとどうなるのかな?

そんな印象です。

2017年9月19日火曜日

王座戦第2局

今日は王座戦第2局です。

第1局が驚きの内容でしたし

数日前の順位戦のこともあります。

挑戦者が後手番を

ブレイクするようならば

王座も奪取になると思います。

上手く伝わるか分からないですが

自分がオートレースから学んだことで

第三者の評価が大事。

というものがあります。

「この人が1番強い」

と、誰もが思うような状況が

ナンバーワンを決めるというか

信用、信頼が大きいということです。

今は、羽生王座の信頼が揺らいでいて

今年の後半次第では

本当の意味での世代交代が

来るのかなと思います。

自分なんかが言うのは恐れ多いですが

一度は、渡辺さんが1位になった

と思う時がありました。

でも少し経過して、再逆転というか

抜かれていなかったのかと

思うような踏み止まり方を

された感じがします。

今回は、誰にという感じではないですが

首位から1位タイになるかなという

局面が近付いている感じがします。

王座戦と、次の竜王戦の内容が

楽しみです。


2017年9月18日月曜日

コードブルー最終回

コードブルーの最終回が終わりました。

前にも書いたかもしれないですが

コードブルーは

ハチワンダイバーのお手伝いを

させて頂いた時に

最初のストーリーが始まったと

記憶しています。

戸田恵梨香さんが好きで

新垣結衣さんはハチワンの主題歌を

歌って、山下さんはクロサギで

好きな俳優さん。

素晴らしすぎて、一気にファンに

なりました。

今回の最終回、期待も高かった

と思いますし、内容も

個人的にはいいなと思いました。

自分なりに感じ取ったのは

どこを目指すのかではなく

誰とやるのか

周囲が良ければ、自然といい方向に

進んでいける。

そう伝えたいのかなと。

正直に言うと

今の自分の環境には全くないことで

これを生かす方法はないかと

終了後から考えています。

今シーズンは終わりましたが

映画化が決まっているみたいで

来年に楽しみができました。


ボウリング

昨日少し驚いたのは

Pリーグというボウリングの

テレビを見ていた時のことです。

なんというのでしょうか

コスプレした感じの選手がいて

しかも投げ方が、野球で言う

シュート回転みたいな感じで

右投げで右に曲がる感じの軌道でした。

何もかもが初見でしたが

ちょうど見ていたやつで初優勝を

飾っていました。

趣味がボウリングの母に

この投げ方の名前を聞きましたが

聞き慣れない名前で覚えられず

なんか不思議な物を見た印象です。

野球のシュートは右打者の内角に

攻め込む感じで、意味が分かるのですが

ボウリングで、その曲がり方には

狙いがあるのかなと

今でも疑問に感じています。

ただ、優勝された方は

かなり可愛らしい感じで

人気が出るのではないかと思います。

名前も聞いておくのだったと

今は少し後悔しています。


2017年9月17日日曜日

少し改良

リニューアルというほどでもないですが

ブログをシンプルにしてみました。

あとは、Twitterとの連携が上手くいけば

少しはいい感じになるかもしれません。

団体戦

「咲」「ちはやふる」など

高校生の団体戦のマンガが

アニメや映画になって

人気がありますが

昨日、テレビでかるたの

全国大会の密着がやっていました。

ルールの紹介や日頃の練習風景など

感動する話もありました。

前にも少し書きましたが

中学、高校の将棋人口を

少しでも増やすのが

今は大事な感じがしていて

特に団体戦というのは

いいのでは?と思います。

自分自身、団体戦の経験が

ほとんどなくて

唯一あるのは、社団戦に半年くらい

出させてもらったくらいです。

社団戦は大人のチームに中学生だった

ことから、チームでという意識は

そこまでなかったですが

同じ学校でというのは

やってみたかったかなと

思います。

大学将棋は人数なども多く

盛んなイメージですが

中学、高校でも出来たらなと

今は思います。

麻雀を舞台にした「咲」の導入は

麻雀人口が1億人になり

という感じだったと思います。

女子高生がみんな麻雀を打ったら

すごいなと映画を見ていた時

思いましたが

将棋もそうなってほしいと

思います。


2017年9月16日土曜日

最近のニュースから

締め切りがないと、いつもの生活に

戻ってしまい、テレビを見る時間が

かなり増えました。

政治や不倫ネタに何か意見がある

訳ではないので

必然とドラマや映画に娯楽番組を

見ている感じです。

ただ、少し気になるニュースとしては

舞台で、2日前に女優さんが降板した。

という話で、真相は分からないですが

「土下座」させられたか?

というのが、大きなポイントみたいな

取り上げられ方をしています。

自分がおかしいのかもしれないですが

土下座するというのが

そんなに屈辱的なことなのかなと

思っていて

させる側も、そんなに優越感が

あるのかなと感じます。

自分の感覚とか価値観は

ズレている傾向なので

こういう所から修正していかないと

いけないと思います。


混戦

昨日は完敗でした。

久しぶりに振り飛車でもと

軽い気持ちで振りましたが

角道を開けない最近流行りの

感じで対抗された時に

暴発してしまいました。

帰ってから順位戦を見ましたが

二冠がトン死なのか何なのか

終盤で追い抜かれた印象で

A級は混戦模様です。


2017年9月15日金曜日

朝から

今日は対局ですが

朝、準備していたら

ミサイル発射の速報。

いつも、対局にスマホは

置いていきますが

今日はどうしようか

迷います。

2017年9月14日木曜日

テスト期間

通達があって、10月から

対局時に金属探知機による検査を

年内テスト期間として

行うことになりました。

委員会で出した答申に

かなり近い形になって

ひとまずは安心しました。

ただ、あくまでテスト期間なので

将来的にどうなるかはわからないです。

ツイッターには、簡単に書きましたが

根本的な解決には

全くなっていないので

新たな問題が起こらないことを

祈るばかりです。

この委員会に参加させて頂き

半年くらい考える時間がありましたが

この問題を無くすためには

かなりの費用や、意識の改革が

必要になると思います。

簡単に言えば、対局に来る人が全員

電子機器を持って来ないとか。

しかし、1番問題ではないかと感じるのは

ちょっとしたことで

不正を疑うことではないかと

今は思っています。

それでも、相手がいい手を指して来たり

離席したら怪しいからと

不正を疑うという人が多いなら

かなり厳しい環境を作る方が

精神衛生上いいんじゃないかと思います。

この辺は、今後どうなっていくのか

見守るしかできないですが

注目しています。


2017年9月13日水曜日

隠蔽捜査

一息ついたので

昨日はアマゾンプライムで1日

ドラマを見ていました。

面白かったのは

「隠蔽捜査」という

古田新太さんと杉本哲太さん主役の

キャリア警察官を描いた作品。

悪が勝ったという訳ではないですが

裏で立ち回る人が最後に1番得をした。

というのが、現実的な話で

スッと入って来る感じです。

今日は久しぶりに会合なので

楽しく、過ごしたいと思います。


2017年9月11日月曜日

一息つく

とりあえず原稿が終わって

ほっと一息つきました。

亀以下のスピードながら

Wordで設定したりして

原稿を書きやすい状態を

少しずつ作っています。

とりあえず、今週は

気楽になりました。

2017年9月10日日曜日

イベントの秋

知り合いから連絡があり

秋のイベントが続々と

知らされてきます。

ちょうど1年くらい前から

遊ぶ相手もほとんどいなくなって

たまに、イベントやオフ会を

やるくらいな感じです。

秋はイベントが目白押しなので

なるべく予定がかち合わないように

特に行きたいイベントが当たるように

ただ願うばかりです。

知り合いも心配していましたが

あと数年したら

遊び相手とか、話し相手とか

いなくなってしまわないか?

今から、孤独に慣れないと

いけないかもしれません。

時間を潰すのが苦手なので

いい趣味をまた見つけないと

いけません。

2017年9月9日土曜日

新四段

三段リーグが終わり新四段が

2人誕生しました。

ネットの記事を見たのですが

斎藤新四段は

織田裕二さんの若い頃似とか。

かっこいい棋士が増えるのは

喜ばしいことだと思います。

残念ながら

自分の弟子は11-7で終わりましたが

1期目5勝だったことを考えれば

2期連続勝ち越しで

僅かでも目がある状況で

最終日を迎えているのは

成長の証だと思うので

来期は自力で迎えるか

その前に決めてしまうことを

期待しています。

最近は、結果の報告が来るたびに

何かアドバイスをするべきか

悩みます。

自分のアドバイスが正しいかどうか

受け入れられるかどうか

という問題があって

何も言わない方が

いいのかなと思う部分もあります。

理想は、聞いてもらって

正しいかどうかは本人が判断して

もらえればと思いますが

その辺りの正解は、未だに分かりません。

加古川戦の時もでしたが

楽しみができた感じで

また来月から、半年間見守りたいと思います。



永世七冠

羽生二冠が竜王戦の挑戦者に。

棋譜だけ見た感じですが

いつもの羽生二冠という

印象でした。

これで竜王奪取なら

史上初の永世七冠になります。

以前、挑戦した時は

取れば、国民栄誉賞じゃないか?

という噂話を聞きましたが

どうなのでしょうか?

勝手なイメージは

イチロー選手のように

現役の期間は断るような。

あくまで噂なので

棋士が国民栄誉賞という

現実離れした話が本当なのか

見てみたい感じはします。

昨日の中継は、名人竜王も揃い

内容も激戦が多く、お得な日でした。


2017年9月8日金曜日

解答編

未だに、正解が分かりませんが

考えていたことを書いていきたいと思います。

昨日の問題図、先手玉に詰めろはかかりません。

また、後手玉は桂馬を渡すと危険です。

直前の▲6二金と銀を取った手が

後手陣が一瞬安全になるので

感触が悪かったですが、金の質との比較で本譜を

選びました。

まず、△6八歩と頂いたのが一番多かったですが

この手は先手玉が絶対詰まない形になるのが

後手からするとイヤなところです。

通常はこのような局面では△7八銀と打ちます。

この手は詰めろになっていませんが

ナナメに利く駒が手に入ると詰めろになります。

ただ、この手には▲6五角が厳しい手です。

次に▲7五角の王手に△8四桂△8四歩△8二玉は

先手が金銀3枚持っていると詰みなので銀合いが必須。

なので先手が勝っていそうに思いました。

しかし、△7八金が厄介な手に思いました。

▲6五角に△8八金取ります。

▲同飛は△7九銀で▲7五角に△8四銀で詰みません。

銀合いをさせれば、先手玉の詰めろは消えますが

駒が当たりすぎていて、駒を渡さずに詰めろが続くか?

▲同玉には△7八歩。そこで▲6八銀が手筋の受けですが

△5五飛がしぶとい手に思います。

▲6八銀に△同とや△7九銀▲同銀△同歩成は

詰めろが消えて▲5六角で先手勝ちです。

昨日から、空いた時間に△5五飛の局面を考えてますが

なんかすっきりしないというか

自分には正解は分かりません。

符号ばかりになりましたが

興味がある方は、盤に並べてみてください。





2017年9月7日木曜日

問題



今日の将棋の終盤戦です。

現在は▲6二金と銀を取った局面ですが

後手の最善手は何か?

またどちらが勝っているか?

ちなみに、自分は先手ですが

よくわかっていませんでした

今日くらいは

すっかり涼しくなり過ごしやすい感じです。

加古川戦や王座戦を見て

スゲーと思ったりしています。

それに感化されて、一瞬は

頑張ろう、真面目にやるべきだ。

など、頭をよぎりますが

根がクズなんでしょうね。

3日どころか、1日もたないことばかり。

とりあえず、今日くらいは

まともな日になるように

運が向いてくれればと思います。

2017年9月6日水曜日

王座戦

昨日は夕方から原稿を横目に王座戦を

アベマで見ていました。

自分も順位戦でやってしまった

矢倉で▲88歩と土下座させられる形に

なっていて、強い人でもあるのかと

見ていましたが

夕休過ぎくらいから

一気に先手ペースになって

決め損なった感じで後手勝勢になり

しかし、なんか変だなと見ていたら

最後に大逆転。

正直に言うと、信じられない内容でした。

語弊がある言い方かもしれませんが

名前を隠して棋譜を見たら

羽生王座と当たる人はいない気がします。

自分が一番驚いたのは

△66成桂と捨てた手で

思わず家で叫んだくらいです。

他にも、おそらく飛車の位置を

勘違いして△45金と打ちかけて

金を駒台に戻したり

信じられない光景を目の当たりにした

そんな印象を受けました。

最後も、まだ指せば難しい感じでしたが

何かキレてしまった感じで

投了されたように、映像では見えました。

王位戦とは違った意味で

衝撃を受けた第1局で

奪取が現実味を帯びてきたと思います。

久しぶりに、将棋を一生懸命見た感じで

なんか、将棋って面白いんだなと

思えました。

2017年9月5日火曜日

心の闇

昨年くらいから、自団体のホームページを

見なくなっていましたが

たまたまネットニュースにあったのと

今度の対局の先後を確認するために

久しぶりに見ました。

ちょっと驚いたのは

今週不戦局が多いことで

どうしたのだろう?

という印象でした。

個人情報とか、関係あるのかもですが

不戦敗については

理由を出した方がいいかなと思います。

これは自分の意見が

マイノリティーかもしれないですが

病気とかケガなのかそれ以外か

くらいは発表した方が

余計な心配をかけないで済む

と思います。

まあ、マイノリティーな

考え方な気もするので

このままなんでしょうね。

ネットニュースの件で

1つだけ気になったのは

英語翻訳がヤバイということでしたが

羽生二冠の読み方が

ローマ字で、はにゅうよしはる

となっていて

グーグルということは

検索数から出している感じもするので

まあそうなるのかと

納得してしまう間違いが

ありました。

自分が全くなので、どんな感じか

想像もつかないですが

英語のホームページって

作るのは大変なんですかね?

大変でコストが高いなら

無理にやる必要あるのかなと

疑問に感じている部分です。

愚痴の投稿になりましたが

闇は深いかもしれないです。





2017年9月4日月曜日

生放送

昨日は、起きたらNHK杯がやっていて

見た感じ、藤井四段の快勝かなと

思いました。

気になるのは次の機会は

生放送になるのか?

今回は永世名人だからなのか?など

いい方向に進んでもらいたいなと

思います。

2017年9月3日日曜日

ご苦労様でした

昨日はアベマで将棋を見ました。

将棋の番組をじっと見ているのは

棋士になって初めてかも

というくらい珍しいことです。

初戦で藤井四段は破れて

弟子は井出四段との準決勝に。

全体を通し苦しそうな感じでしたが

最後はいい追い込みを見せた感じでした。

将棋をしっかり見たのは

有段者になってから

初めてでしたが

将棋よりも驚くのはコメントです。

対局後のインタビューで

「三段の自分にこのような場を

  与えてもらって感謝している」

そんな内容の発言でしたが

負けた直後に、良くその言葉が。

と思います。

三段になってから

たまにラインをするようになりましたが

びっくりするほど大人の内容で

本当に、自分が師匠で申し訳ない

と思うばかりです。

そう考えると、あまり

深く関わらなかったのが

彼にいい成長をもたらしたのかなと

思います。

今回、初めて公式戦に出たことを考えても

大活躍だと思いますが

やはり三段リーグが本番なので

次は三段リーグでの活躍を

期待したいと思います。


2017年9月2日土曜日

全力で

今日は加古川戦があります。

藤井四段の決勝進出が

どうなるかに注目が集まりますが

自分は、弟子を見守りたいと思います。

初戦は稲葉アマで

中継はないみたいですが

勝てば次は中継になります。

ここまで勝った将棋は

データーベースで見ましたが

内容も良さそうですし

なんと言っても

勝ったメンバーがいいので、

期待して見たいと思います。

加古川戦で勢いをつけて

三段リーグの方を

一気に駆け上がってほしいと思います。

弟子は1人になりましが

初めて三段リーグ入ってくれて

師として、楽しい思いや来るしい思いを

経験させてもらっています。

あとは四段昇段を見届けるだけです。




キレキレ

昨日は完敗でした。

最近流行な感じの急戦調の仕掛けに

対応を誤って終わり。

また1から、序盤を学ばないと

いけない感じです。

また、久しぶりに対局して

ちょっと気になったのは

三浦さんだけ金属探知機で

チェックしているみたいで

なんか申し訳ないような

早く新しいルールが出来ないか

そんな感じです。

帰宅してから中継を見ましたが

三浦さんが勝っていて

終盤の感じも、キレキレに見えました。

A級は豊島さんが一気に行きそうと

予想していますが

まだ始まったばかりです。


2017年9月1日金曜日

W杯

日本代表が決めましたね。

スタメン発表の時

素人目には、本田選手や香川選手が

いなくて大丈夫かなと

思いましたが

心配なかったみたいですね。

あとは、本戦での戦いに

期待したいと思います。